コラム・連載 教えて!1歳未満の赤ちゃんでも楽しめるオススメ絵本
2016-10-28

20161031_113253

育児に少しずつ慣れてきて、「赤ちゃんにもっと刺激を与えてあげたい!」と思ったら、絵本が手軽でオススメです。書店や図書館には赤ちゃん用の絵本がずらり。たくさんありすぎてどれを選べばよいのか迷ってしまいますね。

こういうときは先輩ママの意見がいちばん! ママスタには1歳未満の赤ちゃんでも楽しめる絵本がたくさん紹介されていました。

■赤ちゃんも興味津々!鉄板&ロングセラー

赤ちゃんに選んだはずが、むしろ親がはまっていたなんてことも多々あります。「まだ早いから……」なんて思わずに、親子で手に取ってみては?

『かがくいひろしさんの本は、大きくなってもおすすめです。とよたかずひこさんの「ももんちゃん」シリーズもおすすめです。』

『「だるまさんシリーズ(かがくいひろし)」
「おべんとうバス(真珠まりこ)」
「かおかおどんなかお(柳原良平) 」
「さよならさんかく(わかやまけん)」
「あいさつ、うんち、かずのえほん(いもとようこ) 」
「おべんとうばこのうた(さいとうしのぶ) 」
「がたんごとんがたんごとん(安西水丸) 」』

『「きんぎょが逃げた(五味 太郎)」
「いないいないばぁ」(松谷 みよ子)』

『はらぺこあおむし(エリック・カール)』

『「もこもこもこ」(谷川 俊太郎、元永 定正)
「じゃあじゃあびりびり」(まつい のりこ )』

■気づけば真似っこ!知育効果も

絵本の効果は絶大。見ているだけでも刺激になり、色や形、ものの名前など知らないうちに覚えていることもしばしば。幼少期の絵本の思い出はいくつになっても覚えているものですね。

『うちの子は、「まくらのせんにん」(かがくい ひろし)が好きで、雨の日は傘を杖代わりにせんにんさまになってます。』

『「ころころまるちゃん」シリーズ(La ZOO)可愛い○を探していく本です。何冊かシリーズあって、子どもが小さい時はよく見てました。』

『母の趣味で絵本が図書館並みにあって近所の子に解放してるんだけど、0歳から3歳の子に人気なのが
「いろいろばぁ」「もっといろいろばぁ」(新井 洋行)
絵の具がクマの形になったりお花の形になったりで、言葉のリズムもいいし色がはっきりしててキレイです。色の名前のお勉強にもなるかも。』

『「ぷくちゃん」シリーズ(ひろかわ さえこ)が良かったです。しましまの服着たぷくちゃんが散歩したり、トイトレしたりします。今だけじゃなく、長く読めると思います。』

シリーズ化されている絵本は長年愛されてるだけあって、やはり人気がありました。代表的なオススメ本からみてみるのもいいですね。子どものお気に入りとママのお気に入り、それぞれをみつけて絵本生活をスタートしてみましょう!

________________________________________________________

引用:「教えて!1歳未満の赤ちゃんでも楽しめるオススメ絵本(by ママスタセレクト)
http://select.mamastar.jp/15348